エアースタンプハンマーを極める

最適製造プロセスの立案と、
技術の伝承エアスタンプハンマーによる型打鍛造では、
その技術が、金型と、それを具現化する作業者に集約されます。
最良の製造プロセスをイメージした製品・金型の設計力と、
安定した労働力を背景にした技術の伝承が、私達の強みです。
型打鍛造(エアスタンプハンマー)
型打鍛造(エアスタンプハンマー)は、熱した材料を鍛錬することにより、組織を改良し機械的性質を改善すると同時に、目的の形状を作り機械加工を省略、またはその工数を減らす事が可能な製法です。
  • 材料の節約。製品の最終形状に近い形状、寸法に成形される。
  • 工作機械による切削工程が省略または節減できる。
  • 切削加工の困難な形状のものが量産できる。
  • 組織が緻密となり、内部欠陥がない。
  • 引っ張り強さ、硬さなどの機械的性質のばらつきが少ない。
  • 製品形状に沿った鍛流線(メタルフロー)が得られ、反復曲げ応力に対して強くなる。
  • 寸法のばらつきが少ない。
などが期待できます。

01 製品設計我々の得意とする鋳造製法の鍛造化、溶接構造の一体化といった製品思想は、お客様の立場に立った設計段階からスタートします。 お客様から頂く現行製品図面から、価格・品質など様々な競争力のある形状をイメージし、それを実現する製造方案を検討します。

02 金型設計製造方案作成後、鍛造図面に落とし込みます。次にこのデータを、社内の金型設計部門へ送ります。金型設計部門では、製作された鍛造図面を元に様々な数値解析をおこない金型加工機のプログラミングを作成し、金型図に展開していきます。

03 金型製造それを元に、社内にある金型工場で型製作がおこなわれます。我々の強みは、鍛造方案作成から金型製作、鍛造まで一貫して社内でおこなえること。従来の型打鍛造品の製作リードタイムの大幅短縮を実現しています。

04 型打鍛造製作した金型は、様々な検査を通過の後、厳重な温度管理を施し、製造に備えます。最大6トンハンマーを筆頭に、合計10台のハンマーが稼動。月産3,500トン、500アイテムを超える生産量を誇る我々のワーカー平均年齢は30代半ば。この若さと、創業当時から伝承された技術を武器に、お客様のものづくりに最適な製品を製作致します。